年下男性 職場 好意

職場の年下男性からの好意の表れ方

スポンサーリンク

仕事をしていると、周囲には自分の上司であったり、後輩、同僚などが一緒に在席する状況があります。
年齢的な面においても、上下に囲まれる場合もあります。
職場における、年下男性の好意については、仕事を通じて感じる場面などもあります。
例えば、同じ部署にいて、何かとサポートを申し出るなどの場合があります。
これは、仕事で相手を助けてあげたい、好きな人と、仕事であっても一緒にいる時間を共有したい、という気持ちの表れの場合があります。
お互いに他の部署に所属していても、よく目の前に出現してきて、何かと話しかけてくる年下男性もいます。
職場の場合には、仕事によって、関連性が薄くなってしまう人もいます。
この様な状況においても、常に顔を見せに来て、話しかけてくる様な場合には、好意をもっている可能性があります。
部署が違うと、会うためには、フットワークも必要になります。
フットワークを使ってまでも頻繁に会いに来るのは、好きな対象がいる可能性が見込まれます。

スポンサーリンク

職場の年下男性が、『今度飲みに行きませんか』と誘ってくる場合などもあります。
いいよ、と返事をしてから、具体的な日程スケジュールを組んでくる様な場合には、好意をもっている可能性があります。
とくに、個人を対象として、一対一状態で誘ってくる様な場合には、恋愛対象になっている事もあります。
飲みに行くのは、食事よりも改まった感じを避ける事ができます。
年下男性からすると、飲みに行く方が、誘い易い状況などもあります。
職場以外での時間を共有しながら、好意をもった相手をもっとよく知るための誘いになっている可能性があります。
また、年下男性の中には、職場という仕事現場においても、プライベートな質問をしてくる男性もいます。
付き合っている男性がいるかなど、ストレートな質問をしてくる場合には、好意をもっている可能性があります。
付き合っている人がいない事を確かめた上で、自分を候補にしてもらおうと思っている場合などもあります。

スポンサーリンク