好き避け 男性 挨拶

好き避けする男性が挨拶しない理由

スポンサーリンク

基本的に好き避けする男性は自分から話しかける事を苦手にしていますので、積極的に挨拶する事は少ないと言えます。
なので好意を持っている男性が好き避けするタイプならば、相手から挨拶してくる可能性は極めて低くなります。
しかし、挨拶をしないのにはいくつかの理由があります。
まずは無視されたくないからという理由が挙げられます。
また、無視してしまうのに、自分が無視される事を非常に恐れています。
したがって、無視をされないために最初から声をかけないと言う選択をするようになります。
また無視されなかったとしても、そっけない返事をされたり適当にあしらわれることを嫌います。
だから、自分が傷つかない為にも自分から挨拶する事はほとんどありません。

スポンサーリンク

次にプライドの高さが挙げられます。
好き避けする男性はプライドが高い傾向が見られます。
したがって自分からするよりも、相手からする方が自然なことと考えるようになります。
この場合は女性から挨拶すると、快く返事をしてくれる可能性が高くなります。
次に媚びていると思われたくないと言う理由が挙げられます。
上記のように好き避けする男性はプライドが高い場合もあるので、先に話しかけると自分が媚びているように思われるのではないかと考えます。
それに加えて自分の威厳やポリシーを守ろうとしている可能性もあります。
男とはこうあるべきというポリシーや、自分の威厳を守るために自分からは話しかけない場合もあります。
女性に先に話しかける事は男のプライドが傷ついたり、威厳が損なわれるなどと考えているので、絶対に自分からは話しかけないようにしている場合もあります。
でも自分から行動できない分、相手の女性が最初の一歩を踏み出してアプローチしてくれるのを待っている人も多いのです。
だから、好き避けするタイプの男性に好意を持ったら、こちらから挨拶したり、話しかけるなど接するようにしてみましょう!

スポンサーリンク