女子 好き避け メール

態度やメールで好き避けする女子に贈る言葉

スポンサーリンク

とても好きな相手に好き避けをしてしまうことがあります。
特にこれは女子に多く見られます。
いろいろ話をしてもっと相手の事を知りたかったり、自分の事も知ってほしい気持ちや、チャンスがあれば出来るだけ傍にいたいし、メールのやり取りもしてみたいなど頭の中では相手の事で一杯なのに、なぜか気持ちとは裏腹に好き避けしてしまうのは何故なのでしょうか。
相手をただ遠くから見ているだけになり他の女子と仲良くしている姿を見ては嫉妬したり、メールを作成しても結局送信できなかったり、せっかく気さくに話しかけられ、嬉しいはずなのに素っ気ない態度で対応したり、話すことが出来ても相手の目を見ずにすぐそらしてしまったり、そんな素直になれない自分に嫌気がさして負のスパイラルに陥りネガティブな感情に囚われる場合があります。
では、どうしたら好き避けを克服できるのでしょうか。

スポンサーリンク

まず好き避けをしてしまうには原因があることに気づきましょう。
好きという感情を素直に出せるタイプと出せないタイプがあります。
よく小学生くらいの時は、好きな子にわざと意地悪したりして興味を持たせようとしますよね。
それと同じで、本来なら好きとストレートに言えれば良いのですが、嫌われたらどうしようという感情が邪魔をしているのです。
自分に自信が無かったり逆にプライドが高いと傷つく自分が可哀想でみじめになりたくないと思ってしまいます。
また周囲に自分が相手を好きだと悟られるのも恥ずかしいという思いや送ったメールに返事がもらえなかった時の辛い気持ちを先に予想してしまい送信できないのです。
まずは自分は本当に相手を好きかどうか自問自答してみてください。
好きだと確信があれば、恋愛している幸せな場面を思い描き、少しずつ相手との距離を縮められるよう勇気を出して目を合わせ挨拶することから始めてみましょう。
すぐに喋るのは難しくても挨拶から始めることで、自分の存在を相手に知ってもらうことが幸せな恋愛へ進む第一歩なのです。

スポンサーリンク