既婚 男性 好き避け 特徴

既婚男性の好き避けの特徴

スポンサーリンク

一般的に社会人の出会いの場としては、職場が最も多いとされています。
ごく普通のサラリーマンを例に挙げてみると、朝6時に起床して8時に出社、その後18時に退社して20時に帰宅となります。
このように基本的に会社勤めをしている方は、家にいる時間よりも会社にいる時間の方が長くなります。
したがって、必然的に職場が出会いの場になってしまいます。
また会社で行われる飲み会なども多く、共通の話題もあることから非常に盛り上がる可能性が高くなります。
そこから交際に発展するケースも多々見られますが、用心する必要があるのが既婚男性も同じ環境にいると言う事です。
上記のように自宅にいるよりも職場にいる時間が長いのは既婚男性も独身男性も同じです。
したがって、結婚している男の人から好意を持たれる可能性は十分にあると言えます。

スポンサーリンク

また、基本的に既婚者は好意をストレートに表すことはありません。
家族を犠牲にする可能性がありますし、場合によっては築き上げた全てを失う事もあります。
なので、自然と好き避けの行動を取ってしまいます。
例えば会話はしてくれるものの言い方が厳しかったり、急に態度が冷たくなったりなどの行動を取るようになります。
特に普段は厳しい既婚男性が、お酒の席では優しくなったりする場合は好き避けの可能性が非常に高くなります。
日頃は抑えている分お酒が入ると、素直な感情が出てくるようになります。
このような場合は相手の男性の優しさにつられてしまわないように用心する事が重要なポイントになります。
お酒の勢いで深入りしてしまうとズルズル関係が続いてしまい、結果として相手の家庭を壊す可能性がありますし、自分の人生も大きく変わる可能性があるからです。
既婚男性に好き避けされた場合は慎重に判断し、相手も自分も不幸にならないような選択をすることが求められます。

スポンサーリンク