既婚者 好き 態度

既婚者からの好きという態度には用心しましょう

スポンサーリンク

結婚していても、恋ごころをもつ、トキメキをもつ事は、若くいるためにも、大切な事だと考える人も存在します。
結婚相手に対してだけなら問題もありませんが、相手が違うと、問題が発生する可能性を持っています。
既婚者が、好きという態度を示してくる場合などもあります。
職場であったり、場合によっては、教育現場などの場所でも、あり得る事です。
その様な場合には、いずれにしても後悔をしないだけの用心をする事が大切です。
既婚者を好きになって、恋愛関係が始まる場合もあります。
しかし、用心をしないと、高い代償を払う可能性があるのです。
好意的な感情があると、相手に対しても、ちょっかいを出す様な態度になる事があります。
現場によっては、それをかわすのが難しい場合もあります。
自分の気持ちを明確にして、付き合うまでには至らない、という行動をとっていないと、恋愛感情があるものと勘違いされる事もあります。

スポンサーリンク

既婚者が、好きだという態度で接してきた場合、用心をしないと、周囲からも白い目で見られることがあります。
実際には付き合いなどがなくても、周囲が認める位、常に仲睦まじい光景を見ると、誤解を受ける場合があります。
例えば職場などにおいては、メンバーの移動が余りない場合も多くあります。
一度たった噂を消すには、かなり時間と労力が必要になる時があります。
これは、既婚者からでなくても、自分から相手に仕掛けた場合には、尚更周囲の反応が悪くなるケースもあります。
既婚者の、あるいはその人への、好きという態度は、付き合っている事実がないのであれば、誤解を受けない様に用心する必要があります。
好きという態度が高じると、時として周囲からの反感を買ってしまう事もあります。

スポンサーリンク