好き避け メール 敬語

メールも敬語で返信する好き避けの上手な扱い方

スポンサーリンク

通常であれば意中の相手との会話は楽しい時間になりますが、恥ずかしさのあまり避けるパターンもあります。
これを好き避けと呼び、考えとは裏腹に慎重になりすぎるがあまり会話も目線も交わさない行動が多く見られます。
好き避けには友達が複数いる場合は気になる相手の近くには寄らない、事務的な会話しかしない、隣に座っても別人としか会話しない等が見られます。
またメールが来ても返信を遅らせたり敬語を使用する等の行動も見られます。
好き避けの大きな特徴は恥ずかしがり屋のため、好意を相手に悟られたくが無いためにツンデレな行動をするという点です。
好き避けを上手に扱うには、大勢いる場所では目も合わせないため、一人になるタイミングを見計らって会話をする事です。
またアプローチする場合は、ガツガツ攻めずに控え目な方が相手の気持ちに余裕を与えます。
ツンデレの態度を改める兆候が見られたら、そこからスロースタートを切ると上手くいきます。

スポンサーリンク

これとは対照的に好印象を持っていない場合は、ツンデレでは無く明らかな態度でハッキリと示されます。
本当に近寄らない、コソコソ話をしている、避ける時の態度があからさま等、この様な行動がみられた時は好き避けではない可能性があります。
避ける行動にはあらゆる意味があり、その一つ一つに目を凝らす事も大切です。
口下手でシャイな性格の場合、相手に本音をさらけ出したくてもその手段を知らず、始まらないまま終わってしまいます。
けれども特徴を知っているだけで行動の一つ一つに意味があると分かれば、不器用な恋愛も成就する可能性が高まります。
自分だけが知っている事で優越感にも浸れます。
想いの伝え方を知らない相手を振り向かせるには、特徴を知り攻略するのが一番です。
想いが通じ合ってからは恥ずかしさも吹っ切れ、甘い恋人同士になれるため、とびきりの時間を過ごす事ができます。
メールや態度、目線や言動に注意しながら、相手の真意を汲み取る必要があります。

スポンサーリンク