好き避け 後悔

好き避けをして後悔しないためには?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「好き避けをして後悔しないためには?」というテーマでお話をしていきたいと思います。
皆さんは、好きな人に対して、自分の素直な気持ちを表現することが出来ずに、逆に避けてしまったため、結果として相手にも嫌われてしまったということはありませんか?
実は、私がそうです。
高校生の頃ですが、完全なる好き避け女子でした。
クラスが一緒だったある男子をすごく好きになったのですが、自分でその子の事が好きだと分かった途端に、意識して話せなくなりました。
高校2年でクラスが変わっても、話かけてきてくれていたのですが、私の態度が素っ気なかったり、ぶっきらぼうなため、段々と疎遠になっていきました。
今のわたしだったら、その時の私にいいアドバイスをしてあげられたと思いますが、当時は、距離が段々と離れていくのを、見ていることしか出来なかったのです。

スポンサーリンク

これは、高校の時の経験ですから、職場で好き避けをする場合とはケースが違うかもしれません。
特に、会社でバリバリ働いている男性の場合ですと、周囲の目がありますし、男性としてのプライドもあるでしょう。
だから、本当は相手の女性が好きだとしても、わざと無関心な態度を取ったり、なるべく近づかないようにする場合もあります。
でも、根本的には、私と一緒な部分があります。
本当は好きなのに、自分の素直な気持ちを伝えることが出来ない点です。
これは長い目で見ると、残念です。
せっかく、好きな相手がいるのに、自分の本当の気持ちが伝わることなく、時間が過ぎていってしまったとしたら、いつか後悔すると思いませんか?
だから、ずっと今のままでいいのかどうか、自分に訊いてみてください。
そして答えが「NO」だったら、好き避けを辞める勇気を持ちましょう。
始めは難しくても、少しずつでいいのです。
自分の気持ちに正直になりましょう。

スポンサーリンク