嫌い避け 特徴

嫌い避けする男性の特徴

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、嫌い避けする男性の特徴というテーマでお話をしていきたいと思います。
世の中には、好きな人を避ける好き避けやその逆の、つまり、好きではない人を避ける嫌い避けがあります。
意味は全く逆なのですが、避ける部分では共通しているため、どちらなのか、分かりにくいという方も多くいらっしゃると思います。
そんなあなたに具体例を挙げて、解説していきましょう。
1.そっけない態度
職場、学校やサークルなどで、相手の男性に好意を抱いている場合、もっと距離を縮めて、付き合いたいと願っていることでしょう。
そんな場合、あなたの誘い方への反応で好き避けか嫌い避けなのかを判断することができます。
例えば、あなたが、「今度の休日、どこかに行きたいな。」とお願いする口調で、提案したとします。
そんな時、予定を合わせないように、避けられたり、用事があることを口実に断られることが何度かあったら、嫌い避けの可能性が高いです。

スポンサーリンク

または、相手の男性は、乗り気ではないので、相槌ばかり打って、具体的な日程などを決めようとしなかったり、他にも誰かを誘って二人きりにならないようにします。
こういう態度を取られたら、嫌い避けなんだと判断したほうがいいでしょう。
2.メールやラインで連絡しても、ほとんど無視される。
好きな男性に連絡を取りたくて、丁寧にメールやラインでメッセージを送っても、返信内容が一言で終わっていたり、数日後に簡単な社交辞令的な返事が来る、または無視される場合は、嫌い避けかもしれません。
そういう場合、男性は、「たくさんメールが入っていたから、気付かなかった。」という言い訳をすることもあります。
3.興味があることに誘っても断られる。
相手の男性が何に興味があるかは、既に把握されているかと思いますが、好きなアーティストのコンサートやサッカーの試合など、彼が興味のあるはずの行事に誘っても、断られる場合は、脈が無いと考えたほうがいいでしょう。
このように、何点か具体例として挙げましたが、自分磨きを続けていれば、あなたに好意を持つ男性だって現れます。
だから、嫌い避けをされたと分かっても、気落ちせず、素敵な相手が現れるまで、努力しつつ、待ちましょうね!

スポンサーリンク