好き避け ごめん避け メール

好き避けとごめん避けのメールの違いについて

スポンサーリンク

現在では、好き避けやごめん避けといった様々な行動パターンが話題になっています。
それぞれの避け方には微妙な違いがあるため、背景にある相手の気持ちを推し量ることが人間関係を良好に保っていく秘訣となるわけです。
こういった避け方の違いが分かりやすく現われるのが、現代の主要なコミュニケーションツールであるメールです。
メールは、自分の感情を素直に表現出来るため言葉の背景にある感情も端々から読み取ることが出来ます。
好き避けのメールの場合には、控えめな応答をしながらも随所に優しさや本音トークが鏤められていることが多いです。
一般的に好き避けの際のメールは文字数は少ない傾向があり、返信もかなり遅いことがあります。
このような傾向には、込み入った会話での失敗を避けたいという気持ちや臆病さが関わっていることが多いです。
また、文章全体から感じる印象も相手の真意を知るためには、参考になります。
文章には知らず知らずのうちに気持ちが現われてしまうことがあるのです。

スポンサーリンク

一方、ごめん避けの場合には一般的に丁寧な内容であることが多いと言えます。
挨拶やお礼といったマナーを守り、相手を気遣う気持ちが伝わってくることが多いのです。
このような特徴は、ビジネスシーンでのメールに共通するものがあります。
相手に好印象を与えたいといった気持ちが背景にあるため、本音は中々見えてこないのが特徴なのです。
こういった点が、時に恋愛においては誤解を与えてしまうことがあります。
ごめん避けを行う場合には、相手との平和な関係を望んでいると言えます。
丁寧すぎる言葉は、時にそれ以上近寄って欲しくないといった気持ちの現われでもあるわけです。
返信も常識的な範囲で行われ、長期間放置されるといったことは余りないと言えます。
丁寧さの中にも、人間関係としては若干のよそよそしさが感じられるのがごめん避けの大きな特徴なのです。
会話も当たり障りのない内容が多く、相手を不快にさせない程度にフレンドリーと言えます。

スポンサーリンク