嫌い避け 女性 態度

嫌い避け女性の態度

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!
お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、嫌い避け女性の態度というテーマでお話ししていきたいと思います。
皆さんは、好き避けと嫌い避けの違いをご存知ですか?
相手のことが好きなのに、何かの理由で避けてしまうのが好き避けなのに対し、相手のことが嫌いで避けてしまうのが、嫌い避けです。
女性の嫌い避けの態度は、どんななのかをここで具体的にお伝えしていきたいと思います。
1.目線で判断
女性は本来好きな相手と嫌いな相手への気持ちがはっきりしています。
それでも社会に出ると、嫌いな人にも、自分の気持ちをむき出しにしては行けないのがマナーというものです。
だって、仮に自分が嫌われている相手にあなたのことは気に入らないなどという意思をはっきりと伝えられたら、誰だって傷つくし、人によっては、やり返しをしてきます。
何よりも、人として問題があると思います。
だから、嫌い避けという、判別のなかなかつけにくい行動が、生まれるのです。
さて、女性が好き避けか嫌い避けかを区別する一つの手段に目線があります。
好き避け女性は、好意を持っている男性にじっと見つめられると、びっくりする反面、嬉しくなります。
なので、相手の事を見つめ返したり、その後、見つめた相手を意識するようになります。
この意識するような身振りをするのでしたら、相手はあなたの事を、少なからず意識し始めています。

スポンサーリンク

仮に、何かの瞬間、目を逸らしたとしても、照れが入っている場合が多く、好き避けの態度ということが分かります。
これに対して、嫌い避けの場合は、見つめても無視したままです。
相手の男性の事を不快に思っているので、興味がないし、見つめられる事自体を極端に嫌がるようになります。
1回や2回まででしたらいいのですが、しつこく同じ行為をされると嫌がりますから、気をつけるようにしましょう。

 

2.二人きりになった時の態度で判断
好き避け女性は、照れが入っていて、自分の好きな気持を相手に伝えることが困難なのですが、実は心の奥底では二人きりになれるチャンスを伺っています。
だからそんな場面があれば、女性は、自分の事を弾けたように話し出したり、いつもより声のトーンが高かったり、反応が、いつもより倍以上、フレンドリーだったりします。
ですが、嫌い避けの女性ですと、いつもか、通常以上に、態度が素っ気ないです。
大体、二人きりになることを避けたいと思っているので、いつもより警戒してしまうし、どこかで相手に対して興味がない、或いは好きではないという態度が現れます。
ですので、男性の方でもそれを敏感にキャッチする事が必要です。
だって、嫌われている相手に増々嫌われると厄介ですからね。
でも大丈夫。自分磨きをして、心がけをよくしていれば、もっと自分にピッタリの素敵な女性が目の前に現れます。
だから、嫌い避けの女性に遭遇してもめげずに先に行ってくださいね。
応援しています!

スポンサーリンク