好き避け ごめん避け 男性

男性の好き避けとごめん避けの態度の違いとは?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、男性の好き避けとごめん避けの態度の違いとは?というテーマでお話しして行きたいと思います。
皆さんは「好き避け」や「ごめん避け」という言葉をご存知でしょうか?
「好き避け」とは、ある異性に対して、好意を抱いているのだけど、何らかの理由で気持ちを知られたくないために避けてしまうことを指しています。そして「ごめん避け」とは、自分の事を好いてくれている人に対して、嫌いではないけど、相手の事を恋愛対象としては、考えられない場合に避けてしまうことを指します。
このごめん避けの場合、多くは人としては相手の事を尊敬したり、好きだったりする点が重要なポイントとなります。
あくまでも相手の事を、恋愛対象として、考えられないということなのです。
これは、接していると、態度にも如実に現れてきます。
例えば、好き避けの場合ですと、二人きりになった時に、それまで素っ気ない態度を取っていた彼が、突然、嬉しそうに話しをしてくれるのですが、これがごめん避けですと、そもそもふたりきりになる機会を避けようとします。
そう、人として、マナーを守って、相手の気持ちを傷つけないような態度を取ってくれるのですが、あくまでも礼儀正しい態度から外れる事がないのです。
もしかしたら、相手の男性はすでに、あなたの気持ちが分かっていて、傷つけまいと配慮してくれているのかもしれません。
他に、「ごめん避け」かどうか、わかりやすいサインが幾つかありますので、ここでご紹介しましょう。
1.意識的に目を合わせない。
こちらから、一生懸命好きな気持を視線で送ったり、好きな彼のことは目で追ってしまうものですが、ふとした瞬間にも彼は目を合わせようとしません。
これはごめん避けのサインと言えます。

スポンサーリンク

2.普段は普通に接してくれるのに、メールやラインの返信が非常に遅い。
普段は、礼儀正しく接してくれる彼ですが、メールやラインでメッセージを送っても、なかなか返事が来ない場合は、ごめん!のサインです。
特に、返事に「すみません。」や「後日確認後ご連絡致します。」等、事務的な返信しか帰ってこない場合は、ほとんどごめん避けと言えるでしょう。
その場合はあまり、しつこくつきまとわない方が得策です。
「ごめん避け」から「嫌い避け」に移ってしまう可能性もあります。
3.他の男性を勧める。
何かお話をしていて、他の男性のことを勧めるような場合は、明らかにごめん避けと言えます。
好意を持っている女性に対しては、男性は自己アピールをしたり、自分の事をもっと話そうとします。
あるいは、他の男性に気持ちが移ってしまうのを、嫉妬することだってあるはずです。
ですので、彼が他の男性を勧めている場合は、諦めた方がいいでしょう。

 

このように、ごめん避けをする男性は、相手の女性に対して、異性として対象にはならないけど、傷つけたくないという気持ちが動いています。
ですので、相手の優しさに感謝して、ある程度、試してみて、脈がないことが分かったら、諦めて次の新しい恋を見つけていく勇気や気持ちの切り替えも必要です。
きっとあなたにぴったりの男性が見つかりますので、焦らずに探していきましょうね。

スポンサーリンク