好き避け 心理 既婚

既婚者の好き避けの心理

スポンサーリンク

好きな異性や気になる人に対して、つい避けてしまったり冷たい素振りを見せてしまう人が増えています。
このような行為の事を「好き避け」と呼びます。
その名のとおり好きなのについ避けてしまう、きつい言動や態度をとってしまうといった行為が特徴的です。
相手にしてみれば、もしかしたら嫌われているのかもしれないと思いがちですが、好き避けなのか本当に嫌われているのかいくつか特徴があるので相手の行為や言動を当てはめて確認してみると分かりやすいでしょう。
好き避けの心理として挙げられるのが、恥ずかしいといった気持ちや自分の行為を相手に気付かれたくないといった気持ちです。
性格的には引っ込み思案や不器用な人に陥りがちといえるでしょう。
また、このような行為は小中学生時代に経験のある思春期の男女関係によく似ているのですが、それと同じように好き避けをしてしまうほとんどの人が、恋愛経験が少ない、もしくはゼロという場合があります。

スポンサーリンク

好き避けの行為は、好きという気持ちからの行為であり、悪意ではありません。
そのためどれだけ冷たい態度になってしまっても、近づきたかったり相手からのアプローチがあると嬉しく思うものです。
逆にまったく好意がない際には、対応にも無関心になりがちです。
どれだけ冷たい言動でも、何かと用もないのに近づいてくる際や、目がよく合うといった場合は好きだけど避けられている可能性があるといえるでしょう。
周りに自身の行為を知られたくないという人もいます。
そんなときは、二人っきりになると反しかけてくることもしばしばです
既婚者にも同じような言動が言えます。
特に多くありがちなのが、新婚の場合です。
結婚したといっても、初めての家庭ですっぴんを見られたくない寝顔やいびきを悟られたくないという心理からついぎこちない態度になってしまいます。
好意ゆえの態度ですので、お互いの気持ちをしっかりと確かめ合い、信頼関係を築き上げていくことにより好意をはっきりと伝え合える間柄になれるでしょう。

スポンサーリンク