好き避け 職場 飲み会

好き避けにありがちな職場での飲み会の行為

スポンサーリンク

好きなのに避けてしまう、好意があるのにそれを隠そうとしてしまうといいたそのような行為を「好き避け」と呼ばれています。
職場や学校などで見られがちな行為ですが、飲み会などオフの時間などではよくありがちな行為がみられますので相手が好き避けなのかどうか見極める良いタイミングかもしれません。
小学生のような行為ですが、恋愛に慣れていないだけであって悪意はありませんのでよく見極めて人付き合いをしていくとよいでしょう。
好き避けをしてしまう人がなぜ避けてしまうのかというと、相手に好意を知られたくない場合か、周りに自身の行為を知られたくないのどちらか、もしくはその両方の場合があります。
飲み会など職場の人間が多くいる場面では、近づきたいけれど近づけない状態になってしまうかもしれません。
そんなときよく目があったり、自分が立ち上がるタイミングで立ち上がったり落ち着かない態度を感じたらもしかしたら好きなのに避けているだけかもしれません。

スポンサーリンク

好き避けの相手に、こちらからアピールをすると恥ずかしくなってしまい、つい冷たい態度をとってしまいがちです。
飲み会などで会話をしていてもいわゆる「ツンデレ」な態度になってしまう人も多くいます。
激しくはありませんが、少しずつボディタッチなどもあるかもしれません。
また、誘いに関しても恥ずかしく、断ってしまいがちですが、その後を期待する態度をとる人が多くいます。
職場での飲み会は、会社よりも比較的ラフに会話が楽しめる場となっています。
始めは緊張してしまいがちですが、ゆっくりと会話をしていくと相手の好意を感じるでしょう。
逆に好意がなく避けられている場合は、ボディタッチもありませんし、誘いに関してもあいまいに返すという場合が挙げられます。
基本的に引っ込み思案や、おとなしい性格の人がなりがちな好き避けです。
少しずつ関係を近づけていくことによって、恋愛関係へと発展していくかもしれません。
是非、上手にコミュニケーションをとっていきましょう。

スポンサーリンク