30代 男 好き避け

30代男性の好き避けを素直な行動に変えていく

スポンサーリンク

若い時には、特に深く先の事を考えなくても、自由に恋愛を楽しむ事はあります。
年齢を重ねるに従って、考え方にも変化が起こり、恋愛においても様々な事で悩む事が出てきます。
30代男性の好き避けは、その人のこれまでの経験や、考え方によっても背景が違ってきます。
例えば、明らかに恋愛経験が少ない場合には、どうしても自分の気持ちを素直に表現する事ができないなどがあります。
相手にどう見られているか以前に、相手との目線を合わせられない、という場合があります。
そうすると、相手にとっても、自分を避けているのではないか、という思いをもたれる事もあります。
この場合には、少し異性に慣れ親しむ事で、自分の気持ちを素直に表現したり、異性がいる場所で自然に行動する事ができる様になる可能性があります。
30代男性として、好きな事を異性と共通して楽しめる場所で、様々な場面を経験してみる事も、好き避けを有効にしていける手段とする事ができます。

スポンサーリンク

30代男性の好き避けは、結婚を意識する場合もあります。
結婚を意識すると、その後の責任を負う事を考えるため、相手(異性)を自然と振るいに掛けている可能性があります。
真剣に考えるほど、この人と付き合っていいか、ちょっとした誘いをしていいかなどに迷いが生じる事もあります。
この様な場合には、職場など近い場所に相手が存在している時には、社内の飲み会で接触の機会をもってみたりすると、少し相手の行動などを観察する事もできます。
飲み会などの場合には、会社以外でのプライベートな一面を見る事があります。
徐々に慣れ親しみながら、距離を縮めていく事ができます。
30代男性は、女性とは違って、まだ結婚は意識しないという人たちも多く存在しています。
好き避けの場合にも、意識して、お付き合いなどはまだ先送りにしている事があります。
相手に対する好きという感情を、無意識な行動として遠避けている可能性もあります。
今後の将来にとって、また巡り会う可能性を考えたなら、現在の気持ちを大切に、素直に表現してみる事も必要です。

スポンサーリンク