好き避け メール 無視

メールを無視してしまう好き避けの心理

スポンサーリンク

「好き避け」と言う言葉をご存知でしょうか。
本当は好きな相手に対して、冷たい態度をとったり無視してしまうことです。
面と向かって接することだけでなく、メールのような間接な連絡にも上手に対応することが出来なくなってしまうのです。
メールは文字だけの情報ですから、普通の社会人同士の連絡行為でも気を使って発信しないと誤解を生んでしまうものです。
文章の内容の祖語で人間関係が悪くなってしまった話を、聞いたことがあるのではありませんか。
「好き避け」をしてしまう人は、相手に自分の気持ちを知られることを恐れるあまりに、わざとよそよそしい態度をとるものですが、この態度がメールにも表れてしまうのです。
たとえば、すぐに返信をせずにわざと時間をおいてから返したり、他人行儀な敬語の文章を送ったりするのです。
もちろん相手に良い印象を与えるわけがありませんが、本人にしてみれば相手に自分の気持ちを知られない事の方が重要になってしまい、好きな気持ちが伝わらない方法を選んでいるのです。

スポンサーリンク

周囲の人から見たら「好き避け」は、まったく意味のない行為です。
好きな相手がいたら、素直に好意を伝える方が好感を持たれますし、人間関係も円滑になると言う事は、小さな子どもでも知っていることですから。
このような行為は相手に好感を持たれないばかりか不快感を覚えさせる結果になるでしょう。
「好き避け」をする人は一般的に自尊心の低い、自分に自信のないタイプの方が多いと言われています。
単に恥ずかしい、緊張するなどの感情で好きな子いじめをする幼児期とは明らかに異なります。
このような問題のある行動を改めるにはどうすれば良いでしょうか。
思い切って信頼できる人に、自分の問題行動を相談してみる事が、ひとつの解決になるかもしれません。
話してみる事で、自分自身の行動の滑稽さが理解できますし、相手に素直に話をすることによって、理解しあえる幸福を実感できる可能性があるからです。
誰でも一人で生きていくことはできませんし、好きな相手がいるのならお互いに思いやり分かり合える関係を作ることが出来れば、より良い人生を送ることが出来るようになるでしょう。

スポンサーリンク