好き避け 男性 視線

男性が視線を合わそうとしないのは、好き避けでよくあること

スポンサーリンク

「好き避け」とは、本当は相手のことが好きなのに、あえて避けるような態度や言葉を発してしまうことです。
要するに素直になることができません。
これは一部の男女に見られることですが、特に男性に目立つのが特徴です。
男性は女性と比べてプライドも高く、女性のようにコミュニケ―ションが上手な人もそう多くないです。
このため、シャイで恋愛経験が少なく、プライドの高いというのが好き避けに共通しています。
この好き避けによくある行動には、視線が合ったときにすかさずそらす、またはほとんど視線を合そうとはしないことです。
視線をそらしてしまうことは、経験する人も多いでしょうが、目と目が合ったときに恥ずかしい思いをするからです。
その恥ずかしさからついついそういう態度をとってしまうのですが、それが度々続けば、嫌われていると勘違いする女性もいるかもしれません。
女性として男性からそういう態度をとられてしまったら、傷つく人も多いでしょう。
しかし、度々そういうことが起こるということは、好きだからいつも見られているということです。
特に意識していなければ、そういうことがよく起こるということはまずありません。

スポンサーリンク

そして、一番やっかいなのが、視線をほとんど合わそうとはしない男性です。
話しかけても話かけられても相手の顔を見ようとはせず、視点も定まっていないこともその特徴です。
こういう態度をされたら困る人も多いでしょうが、そういう人はちょっと照れ笑いであったり、動きがぎこちなかったりもします。
これは明らかに好意がある証拠なので、こちらから話しかけていくようにすれば相手もあなたに合わせてくれるようになるでしょう。
反対に冷たい態度をとってしまう男性もいるかもしれませんが、これは先ほどの視線が合ったらすぐそらす現象がよく起これば好きである可能性は大です。
何かをきっかけに同じように話しかけていくようにすれば、心を許してくれる人は多いです。
このように、女心は複雑と言いますが、男心もデリケートな分だけ複雑です。
好き避けの気持ちを察したときに、女性の方からリードしていくようにすれば、素直な気持ちを徐々に出してくれることも期待できます。

スポンサーリンク