紹介 付き合う 流れ

友人の紹介から付き合うまでの流れ

スポンサーリンク

友人の紹介から異性と付き合うまでの流れで、気をつけておきたいことは何かと言えば、最初に相手に対し、きちんと好みを伝えておくことです。
これは誰でもよいから紹介してくれと言ってしまう人が多いため、最初の関門となります。
頼まれた方としては、具体的なリクエストがなければ、何を選んでよいのか分からなくなります。
そのため、相手のこれまでの言動から判断することとなります。
このような背景があると、友人から相手を紹介されても、自分の好みと違うというのが珍しくありません。
そして好みでないからと関係が進展せずに終わるというのが、よくある流れなのです。
こういう展開を避けるためには、容貌や性格など、自分の好みを相手にきちんと伝えるようにしましょう。
長年付き合いのある友人なのだから、そんなに細かな注文をつけなくても、意味は通じているだろうと考えると、満足のいく結果は得られません。
そのため、多少口うるさいぐらいでちょうどよいのです。

スポンサーリンク

自分の好みをきちんと伝え、理想と言える相手と出会っても、それが交際に発展するかどうかは定かでありません。
なぜなら、恋愛には相手の同意も必要だからです。
そのため、好みの相手と付き合うには、第一印象をよくする必要があります。
最初に不快感や苦手意識を抱かれると、それを払拭するのに苦労することになるからです。
ただし、あまり身構えてもうまくいきません。
基本的には清潔感を感じさせる服装をして、相手に対し柔らかい笑みを向けるようにしましょう。
優しそうで清潔な相手だと思われるだけで、その後のハードルが下がるというのを、忘れないようにしましょう。
友達の紹介で付き合うことになった相手だと、最初はメールでのやりとりがメインとなります。
このとき、相手の好意を得たいからと、自分のことを偽る人がいますが、それは控えた方が賢明です。
早い段階で嘘をつくと、それがばれたときに相手の信用を失うことになるからです。
このように、友達の紹介で異性と付き合う流れとしては、正直になりながらも印象をよくすることとなります。
背伸びはしすぎないようにしましょう。

スポンサーリンク