振られた後 脈あり 態度

振られた後も脈ありな態度

スポンサーリンク

振られた後も脈ありとなる態度とは何かと言いますと、振った相手の前で落ち込んだ姿を見せないことです。
 これは憔悴した姿を相手に見せることでイメージダウンになるのと、気まずくなって避けられることを回避するためです。
 そのため、気持ちの整理がつかないという場合は、しばらく相手と間を取るようにしましょう。
連絡を取るにしても、落ち着いて元気を取り戻してからにした方が賢明です。
 振られた後に脈ありとなる態度としては、告白の前と接し方を変えないというのがあります。
 これは振られたのだからと急に冷淡な態度を取ると、相手もそれに合わせざるを得なくなるからです。
 そのため、友達感覚で一緒にいた相手ならば、その感覚を保つようにしましょう。
一緒にいるうちに、告白を断ったのが惜しいという気持ちが芽生え、今度は向こうの方から告白してくるという展開は珍しい話ではありません。
 どちらの場合にしても、相手との接し方を急に変えないことが大切です。

スポンサーリンク

 振られた後に脈ありとなる態度としては、相手に何故自分の告白を断ったのかを聞かないというのがあります。
 これをすると相手も返事に困るため、余計に避けられることになるのです。
 そのため、告白を断られた段階で、おとなしく身を引いておけば、後日に挽回を図るチャンスが巡ってくる可能性が残されます。
 告白して振られた後も、メールでのやりとりは継続するというのも、有効な手立ての一つとなります。
 これは振られたからと連絡を絶ったら、いよいよ気まずさが極まるためです。
また、近況を確認する手段が失われるため、相手が今何を考えているかが分からなくなります。
 そのため、つらくてもその気持ちを押し殺し、定期的に連絡を取るのが吉と出るのです。
このとき、告白の前後に関する事柄には、触れないようにしましょう。
 互いにとって古傷となるものに触れないでおけば、やがて気持ちが落ち着いて、もう一度告白できるチャンスが巡ってきます。
 捨て鉢にならないことが肝要だというのを、忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク