好き避け 嫌い避け 無視 違い

好き避けと嫌い避けの無視、その違い

スポンサーリンク

好き避けと嫌い避けは、その区別がつきにくいと言われることが多いものです。
しかし前者は好きだからこそ避け、後者は嫌いだから避けているため、その意図は正反対です。
 両者の共通点としては、相手のことを無視することです。
では、その違いを見抜く方法は何かないのかと言います、いくつかあります。
 まず、好き避けだと相手のことが気になるため、ついチラチラと無意識のうちに見てしまいます。
そして相手がそれに気付いて視線を送り返すと、気恥ずかしさから支援をそらしてしまいます。
 しかし嫌い避けだと、まず相手のことを見ようとはしません。
何かの拍子に目があったらそらすところは同じですが、こちらはあからさまに眉をしかめたりするので、相手や周囲にもそれが分かりやすくなっています。
 これは日頃から人間観察を続けていれば、その違いを見分けられるようになります。
職場の人間関係が気になるという人は、相手の態度や対応などをチェックするようにしましょう。

スポンサーリンク

 嫌い避けをする人が無視をするのは、電子の分野にも及びます。
これは携帯電話やパソコンで送れるメールが該当します。
 好き避けをしている人だと、好きな相手から来たものであれば、すぐに返事を出します。
直接話をすることができない分、そこではおしゃべりになるのが珍しくありません。
 しかし、嫌い避けをしている人が嫌いな相手からメールが送られてきても、それを無視するか返事を極端に遅らせるという態度で応じます。
 また、素っ気ない言葉を返すことが多く、返事をするにしても最低限度で済まそうとするのがその特徴となります。
 そのため、メールの返信速度や内容を確認すれば、その違いを見抜くことは容易となります。
 集団行動を余儀なくされたときの態度を見るという方法もあります。
 好き避けならば、普段は無視している相手と、大義名分の元に、積極的に接しようとしますが、嫌い避けだと適当な理由を作って離れようとすることが多々あるのです。
 このように、好き避けと嫌い避けは似ているようで明確な違いが複数あります。

スポンサーリンク