女性 嫌い避け 態度 しぐさ

女性の嫌い避け、態度やしぐさ

スポンサーリンク

嫌い避けと言えば、嫌いな相手を避けることを指します。
これは学生時代ならばストレートな言葉で表現されることが多いので、誰の目にも分かりやすいものとなっていますが、社会人ともなると周囲の人間関係もあるため、そう露骨なものにはなりません。
では、どうすれば女性の嫌い避けを見抜けるようになるのかと言えば、相手の視線をまずチェックするようにしましょう。
人間は自分が嫌いだと感じている相手の顔を見ようとはしません。
そして女性はその傾向が男性より顕著です。
いわゆる好き避けだと、相手と目線を合わせるのは駄目でも、可能な限り相手のことを見ようとするので、そのしぐさから見分けることができます。
また、このときによく見られるものとしては、目線を合わせたとたんに、それをあからさまに嫌がるという態度です。
これは男性側からすれば、目を合わせた瞬間にそらされるという感じになるため、比較的分かりやすいものとなっています。
しかし好き避けと区別しづらいため、困惑する人もいます。

スポンサーリンク

嫌い避けをする女性の態度としては、話をしていても決して目を合わそうとしないというのがあります。
これは他の仕事をしながらだったり、忙しいからという体裁が取られることが多いため、男性側が衝撃を受けることはあまりないのですが、そのしぐさから何となく敬遠されていることが分かるようになっています。
また、話しているときに、腕組みをする場合も同様です。
これは無意識のうちに身を守るというしぐさを取ってしまっているからです。
そういう態度は携帯電話やパソコンを介して行われるメールでも現れることがあります。
彼女たちは嫌いだと感じている男性から送られてきたものだと、意識してそれを無視したり、返事を遅らせたりします。
このとき、男性側がプライベートに関する質問をしてきても、適当な返事でお茶を濁したり、別の異性に関する話題を振って、自分に対する関心をそらそうとしたりするので、言われた方も相手の気持ちを察することができるようになっているのがその特徴です。

スポンサーリンク