男性心理 好意 言葉

男性心理、好意のある言葉

スポンサーリンク

男性は恋愛に対しシャイに構えている人が多いため、好意を相手に伝えるのが苦手だという人が珍しくありません。
では、そうした彼らの言葉から気持ちを見抜く方法はないのかと言えば、それはいくつかあります。
まず、何か言ったときに褒めてくれるかどうかを確認しましょう。
男性は好きでもない女性が話したことを気に留めることはありません。
そのため、軽い自慢話でも積極的に褒めてくれるのであれば、それは好意に基づいた行動なのです。
これは気になる相手からも好きになってもらいたいという男性心理の表れなのです。
このとき、自分が相手の話に関心があることを示すため、オーバーなリアクションを取る男性もいます。
言葉と一緒に確認すれば、より相手の気持ちが分かりやすくなります。
男性心理の中には、好きな相手が困っているときに、それを手助けしたいというのがあります。
これは相手が何も言ってこなくても、自分から近づいてそれを手助けするという行為となって現れます。
そしてこのときの彼らは、見返りを要求する言葉を口にしないため、相手も好感を抱きやすくなります。

スポンサーリンク

男性心理の常として、好きな相手がプライベートで何をしているか気になるというのがあります。
これは何気ない雑談の中で現れることがあります。
会社が終わった後や休日は何をしているのかと積極的に訊ねられるのであれば、それは好意に基づいたものだと考えてよいのです。
相手と直接言葉を交わすのが苦手な男性でも、パソコンや携帯電話を介して送れるメールであれば、饒舌になることが珍しくありません。
彼らは気になる相手から送られてきたものであれば、即座に返信する傾向にあります。
また、相手からの返事が遅れたら、それを気にしてしまいます。
気になる女性とある程度親しくなった後、相手と将来の会話をするようになる男性もいます。
これは結婚視野に入れて接しているのだというアピールと、自分には将来性があるということを誇示する狙いがあります。
いずれにしても、男性はダイレクトに好きだと言うのが苦手な人が多いため、多少遠回りになる傾向にあります。

スポンサーリンク