冷却期間 2週間 復縁

復縁を目指すための冷却期間は2週間が妥当

スポンサーリンク

復縁をするに際して冷却期間を設ける必要がある、と主張する人は少なからずいます。
これはどういう意味なのかと言いますと、別れた直後にそれをやろうとすると、両者ともに感情的になっていることが多く、話がこじれてしまうからです。
では、その冷却期間とはどの程度が妥当なのかと言いますと、それは2週間だとされています。
別れてから1週間以内だと、まだ両者共に感情が高ぶっていたり、激しく落ち込んでいるのが珍しくありません。
このときに相手と顔を合わせると、復縁の可能性がむしろ遠ざかります。
別れてから一ヶ月だと、両者共に気持ちに落ち着きは取り戻せていますが、恋愛感情が冷めている可能性があります。
この段階で顔を合わせても、ケンカが起きる可能性は低いのですが、単なる友達としての付き合いになる可能性が高いと言えます。
人間何をするにしても、感情を高ぶらせすぎるのはよくありません。
しかし、気持ちが盛り上がらなければ進まないものもあるのです。
そこは覚えておきましょう。

スポンサーリンク

冷却期間が半年から1年という長丁場に及ぶと、復縁以前に連絡が取れなくなっている可能性もあります。
これは相手がつらい記憶を忘れるために、携帯電話のメールアドレスを交換している可能性があるためです。
こうなってしまった場合は、共通の友人を通じて相手の動向を確認するほかなくなりますが、それも難しいとなると、復縁の可能性はまずなくなります。
しかし冷却期間が2週間であれば、互いに別れたときの怒りや悲しみも安らいでおり、冷静に話し合うことができるようになります。
また、かつて感じていた恋愛感情を昔話だと思えるほどに時間が経っていないという面もあります。
そのため、復縁したいと思っているのであれば、相手に対し別れたことを後悔している、今は一人きりで寂しいという風に切り出せば、向こうも応じてくれる可能性が高くなります。
このように、相手と復縁したいのであれば、2週間を目処として冷却期間を設けるようにしましょう。
短すぎても長すぎてもそれは難しくなるのだというのを、忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク