好意を持たれている 男性 態度

女性が男性に好意を持たれている時の態度

スポンサーリンク

女性が男性に好意を持たれていると、どのような感じで扱われるのかと言えば、それは特別扱いされることを意味します。
これは重い荷物を運んでいるときに、頼んでもいないのに向こうの方から助けに来たりするので、傍目からも分かりやすいものとなっています。
こうした態度は、仕事以外でも出ることがあります。
以前から自分が欲しいと考えていたものを、誕生日でもないのにプレゼントしてくれたりするのです。
また、飲み会や社員旅行などのときに、いつも近くの席にいるというのも、そうした行為の延長となります。
単なる偶然で毎回そうなるはずがないからです。
こうしたとき、相手の気持ちを受け入れるつもりがないのであれば、それを早い段階で相手に伝えるか、ほのめかすようにしましょう。
男性に好意を持たれていること自体を歓迎する女性は多いのですが、中途半端な態度で接し続けることは互いのためになりません。
ただし、決心がつかないだけであれば、答えを急いで出す必要はありません。

スポンサーリンク

男性に好意を持たれている女性の態度としては、相手の気持ちを受け入れるか拒絶するかのどちらかになります。
前者を選ぶのであればそんなに問題は起きることがありませんが、後者を選ぶのであれば、相手の気持ちも考えて、慎重に事を進めるようにしましょう。
穏便な対策としては、友達を紹介して、相手の関心が向こうに移るようにすることです。
これならば明確な態度で拒絶した訳ではないので、相手も自分も傷つくことはありません。
他の方法としては、一緒に出かけるときはグループでの行動に限定し、二人きりにはならないようにすることです。
これを繰り返しているうちに、相手の気持ちが冷めたり落ち着いたりすることが多いので、共通の友人を頼るようにしましょう。
先に説明したように、中途半端な態度で過ごすことに問題があると感じるのなら、その気持ちを相手に伝えるようにしましょう。
明確に告白された訳ではないのなら、別に交際相手を作ることも有効です。
いずれにしても、相手の気持ちを思いやることが大切です。

スポンサーリンク