既婚者 好き避け 態度

既婚者の取る好き避けの態度

スポンサーリンク

既婚者と言えば恋愛対象にはならないと考えている人が少なからずいます。
これは配偶者以外の異性と会っているところを見つかっただけで面倒になることがあると、当人も周りも認めているためです。
しかし、社会的立場があれば、恋愛に対する関心がなくなる訳ではありません。
彼らは気になる異性が相手だと、それを好き避けをしてごまかすのです。
分かりやすい好き避けとしては、相手のことを無視するのがあります。
これは同じ職場にいる同僚が相手だと、完全に無視を決め込むのも難しいため、会話をするにしても必要最低限に留めるという態度で臨みます。
これは周りからは嫌いだから避けているのではないか、と考えられる傾向にあるため、そんなに問題になることはありません。
しかし、実は相手のことが気になるため、目線で追ってしまいます。
そのため、普段避けられているはずなのに、気がついたら視線が交差していることが多い相手を見つけたら、用心するようにしましょう。
既婚者だからといって油断してはいけません。

スポンサーリンク

既婚者の好き避けは、会話だけではなくメールなどにも及ぶことがあります。
普段は素っ気ない態度で接してくるのに、メールでは親しく接してくるというのであれば、それはそういう性格なのではなく、好意をごまかしている可能性があります。
その態度を見分けるコツとしては、プライベートに関する話をどの程度してくるかどうか確認することとなります。
単に日常会話の延長で出てきているのならば、そんなに身構える必要はありませんが、しつこいぐらいに訊ねてくるのであれば、用心が必要になります。
普段は避けてくるのに、飲み会ではいつも隣の席だという場合も、用心が必要になってきます。
これはアルコールが入る場だと、いつもと比べても大胆になる人は多いからです。
そのため、既婚者とのトラブルを避けたければ、そういう席に長居しないか、過度の飲酒を避けるようにしましょう。
いずれの場合にしても、態度を使い分けてくるのであれば、それに対する用心は必要です。

スポンサーリンク