既婚男性 好意 サイン 用心

既婚男性の好意のサインには用心を

スポンサーリンク

既婚男性と言えば、社会的な信用や地位のある存在です。
そのため、警戒心を解いている女性が少なくありません。
しかし、恋愛感情とは縛りがあっても存在するため、無用なトラブルを避けたければ、その好意のサインを読み取り、用心する必要があります。
まず、自分にだけ自慢話をしてくる、というのがあります。
これはその既婚男性が自身のことを優れた存在だとアピールしたいからそうしているのです。
これは分かりやすい好意のサインであるため、面倒だと感じたら聞き流すようにしましょう。
このとき、きちんと話を聞いてしまうと、相手に脈ありだと思わせることになるので危険です。
家庭生活に対する不満を連発する場合も同様です。
これは愛情に飢えているということを示すものだからです。
このとき、それに同意してしまうと、深みにはまる可能性があります。
相手に言質を取られないように、用心するようにしましょう。
基本的には二人きりにならければ、危険は回避できます。

スポンサーリンク

既婚男性が示す好意のサインとしては、用事もないのにメールを送ってくるというのがあります。
これは職場の上司や同僚であれば、ある程度はやむを得ないのですが、仕事とは全く関係のない雑談が延々と続くというのでれば、用心が必要です。
このとき、それをかわす方法としては、無視するか返事を遅らせることです。
毎回律儀に応答していたら危険ですので、それは控えるようにしましょう。
既婚男性の好意のサインとしては、残業に付き合ってくれたお礼などという名目で、二人きりでの食事に誘ってきたり、飲みに行こうと言い出すことです。
これは断りにくいのであれば、他の人も交える形にしましょう。
アルコールが入った状態で二人きりになるといろいろと面倒が起きやすいので、要注意となります。
プライベートでは何をしているか、特定の交際相手がいるかどうかを確認される場合も注意が必要になります。
これは相手が探りを入れていることを意味しているからです。
そのため、危険を感じたらはぐらかし、明確な返事は出さないようにしましょう。

スポンサーリンク