好き避け 嫉妬 心理

嫉妬から好き避けする心理

スポンサーリンク

好きな人に対しては、好きだからこそやってしまう態度もあります。
状況を分析する事で、その人の隠れ潜んだ気持ちを知る事にも繋がります。
好きな人がいても、その相手が誰か他の異性と楽しげに話しているなどの場面を見ると、嫉妬から好き避け状態に陥る事があります。
好きな気持ちを相手にどれだけ伝えているかは別としても、自分がこれだけ好きでいるのに、どうして他の人と話をしたりするのか、という心理が見えます。
好き避けは、付き合っている相手に対しても、生じる場合があります。
付き合っているという事実が存在すると、尚更ヤキモチをやいてしまう場面もあります。
私、僕という恋愛相手がいながら、どうして他の異性と親しげに話したりするのか、という嫉妬の気持ちが働いています。
利己的な愛情表現になってしまっている場合などもあります。

スポンサーリンク

付き合う以前から、好きな人への愛情過多状態になる人も見られます。
まだ相手に告白さえしていないのに、自分の感情が高まる中で、相手に嫉妬を覚えてしまう場合もあります。
自分の気持ちの高まりと同時に、相手への思い入れが強過ぎてしまう余り、好き避け状態になる人もいます。
この場合には、相手に対する気持ちを伝えていない時点ですので、もう少し冷静になって気持ちを整理する必要もあります。
好き避け状態も、度を越えてしまうと、相手からも距離を置かれる可能性があります。
また、好き避けの態度を、故意に行う人もいます。
その理由としては、逆に、相手に嫉妬をさせて、自分に振り向かせようとする心理が働いているからです。
恋愛関係になる、あるいは更に関係性を深めるために、作戦として行っている場合もあります。
恋愛ゲームとしての、一つの手の内といえる態度でもあります。

スポンサーリンク