既婚者 好き避け 気持ち

既婚者の好き避けは気持ちをセーブしている印

スポンサーリンク

結婚をしていても、好きな異性が現れる事はあります。
それ故、ストレートには気持ちを表現できない場合があります。
ですので、既婚者が好き避け状態になる事はあります。
結婚していると、社会的な立場としても、他の異性との恋愛は本来望ましくありません。
その様な状況にならないためにも、敢えて好きになってしまった、あるいは好きになりそうな相手を避ける事があります。
特に職場などにおいては、周囲へ知られたり、規律などが乱れる可能性もあります。
既婚者である事は、周囲の人たちにも認識されている場合が多いため、注意を払った行動も必要となります。
好きな気持ちが募ってはいけないんだ、という気持ちから、好き避け状態になっている場合もあります。
相手を巻き込んではいけない、という気持ちが働いたり、周囲を気にして気持ちを表現しない様にしている状況でもあります。

スポンサーリンク

一方で、既婚者の中にも、結婚相手以外と、積極的に恋愛を楽しむ人もいます。
実際に恋愛状況になるかは別としても、特定の異性に対する好きという感情を、隠さずに過ごす人もいます。
相手との関係性を楽しむため、あるいは相手を振り向かせるために、好き避けを実行する人もいます。
結婚している状況と、他の異性と恋愛を楽しむ事を、区別せずに行っている可能性があります。
既婚者の好き避けには、好きな異性とのやり取りを楽しんでいて、本気になってしまった場合にも見られます。
本気で好きな相手にのめり込んでいく自分に、ブレーキをかけて、気持ちを抑制しようとしている場合もあります。
今までは、気軽に話せていた状態から、突然好き避け状態になる事もあります。
既婚者の場合には、結婚生活や結婚相手の状況が、態度の変化をもたらす事があります。
いずれにせよ、既婚者を恋愛対象として考えるのは危険が伴いますので、相手が好き避けをしていると分かったら、自分からアプローチなどせず、そのままにしておくのが得策でしょう。

スポンサーリンク