職場 既婚男性 好意

職場の既婚男性への好意は危険をはらんでいます

スポンサーリンク

結婚をしている人が、結婚相手以外の人に興味をもつ事はあります。
結婚している人から、好きだという告白を受ける事などもあります。
職場には、既婚男性も多く在席している場合があります。
結婚をしている事が知られていても、好意をもつ対象が存在している事もあります。
中には、独身女性に対して、言い寄ってくる場合などもあります。
独身女性の方も、相手に悪い感情がなく、好きになる可能性をもっている場合には、用心が必要です。
職場であっても、なくても、既婚男性との恋愛、お付き合いが始まることはいいことではありません。
場合によっては、男性の結婚相手である奥さんから、訴えられる可能性があります。
裁判結果としては、過去の判例からしても、独身女性側に賠償責任が生じるケースが多くあります。
結婚している男性に好意をもって、実際にお付き合いを始めるのは、踏み出す前に、十分な用心も必要になります。

スポンサーリンク

職場の既婚男性に好意を抱いて、付き合う様になると、場合によっては、会社内の人にその関係性がバレる事などもあります。
時間外に、一緒の現場を見られてしまったりすると、目撃した人の行動によっては、情報が広範囲に漏れる可能性もあります。
相手の男性の立場、自分の会社内での状況なども考えるのであれば、用心が必要になります。
男性が職場に勤務すると、同じ会社で定年まで頑張る人も少なくありません。
しかし、既婚男性が、結婚相手以外の社内の女性と付き合っているなどの場合には、その事実が漏れると、職を失う危険性もあります。
その危険性は、女性側にも及ぶ可能性が十分あります。
職場の既婚男性に、強い好意的な感情があったとしても、用心をしないと、相手を失う、自分も職を失う、という危険性があります。
後悔しても、元に戻らない事が多いともいえます。
好意は、感情内で留めておいた方が、後悔に繋がらずに済みます。

スポンサーリンク