男友達 好意 特徴

自分に好意を持つ男友達の特徴

スポンサーリンク

もし、みんなの前でよく喋る男友達が二人きりになると急に口数が減り、会話が空回るような感じがする場合は、あなたの事を「女性として好き」だということになります。
よほど女性慣れした男性でなければ、好きな女性と二人で話す時には、いつもと違った態度になりやすいのです。
しかし、二人きりでも全く態度が変わらないといった場合には、「友達として好き」だと思った方が良いでしょう。
相手に恋愛感情がある場合は、常に女性として意識している状態になり、異性としての心配をするようになります。
例えば、帰りが遅くなった時の一人歩きを心配してくれたり、体調に対する気遣いが同性の友人に対するものとは異なっていたりします。
このように「異性に対する心配」をかけてくれるのであれば、彼があなたを「女性として好き」と言える可能性が高いということになります。

スポンサーリンク

また、異性間の友情と恋愛の大きな違いとして、嫉妬心の有無などが挙げられます。
あなたが他の男性に近付いたり、親しくしていると嫉妬心が沸き起こってくるのは当然の事なのです。
もし、自分に好意がありそうな男友達が急に冷たくなったりしたら、最近他の男性と仲良くしていないか思い出してみましょう。
思い当たる節が見つかれば、あなたの事が「女性として好き」ということです。
先程とは逆に彼の方も、自分が他の女性に好意があると勘違いされないように気を付けることでしょう。
あなたの友達と会ったりする事があれば、挨拶程度はするでしょうが、社交辞礼でお世辞を沢山言ったり、過剰にチヤホヤすることはしません。
あくまでもあなたの事を立てるように、彼は対応してくれることでしょう。
どうしても彼の本心を知りたい時には、今回お伝えした方法を試してみて下さい。

スポンサーリンク