好き避け 嫌い避け 無視

好き避けと嫌い避けでは無視の仕方が違います

スポンサーリンク

相手に対して無関心な態度をとる行動は、実際2種類に分かれます。
本当は相手が気になるのに恥ずかしさからついつい避けてしまう好き避けと、本当に相手が嫌いな場合の嫌い避けです。
この2つは、一見同じような行動が見られますが、背景にある気持ちには雲泥の差があると言えます。
最近では徐々に好き避けという行動が認知されるようになり、相手の真意を測りかねる場合や誤解を生んでしまうケースも出てきているのです。このような紛らわしい行動を正しく判断するためには、無視の仕方をチェックすることが一つのポイントになります。
好き避けの場合には、無視する時でも相手にちょっとした疑問を生じさせます。
目を合わせることなく、単に気づいていなかっただけといった曖昧な雰囲気を醸し出すわけです。
一方、嫌い避けの場合には目線は明確に外されています。
その場をそそくさと通り過ぎようとする雰囲気が感じられ、相手の問いかけも聞こえないふりなどをして無視するわけです。

スポンサーリンク

このような無視に現われる違いを把握しておけば、相手の言動を勘ぐってやきもきすることも少なくなります。
大体において好き避けの行動は分かりにくく、嫌い避けの行動は分かりやすいというのが特徴です。
ですので、明らかに自分が嫌われているといった行動の場合には、嫌い避けの可能性が高くなります。
このような状態で近づくことは、時に無謀な行動となるのです。
男性が女性の好き避けと嫌い避けを見極めるためには、感覚的に疑問が生じるか否かが参考になります。
特に嫌われる理由がないにも関わらず、無視をされたり目を合わせなかったりといった行動は、もしかすると相手が興味を持っていることも考えられるのです。
短期間で判断がつきかねる場合には、ある程度状態を見守ってみるのも一つの方法となります。
他の行動も合わせて判断していけば、真相を解明することも可能なのです。
このような心理が理解出来るようになれば、かなりの恋愛上級者になれます。

スポンサーリンク