好き避け 男 女 特徴 心理

好き避け男女の特徴と心理

スポンサーリンク

あなたは、好き避けという言葉を知っていますか?
本当は、好きなのに、照れくさかったり、恥ずかしくて、好きな相手の事を避けてしまうことを指します。
もしかしたら、気が付けないうちに、好き避けをやっていませんか?
好き避けには、いくつかパターンがあります。
まずは、相手が好きなことに気づいて、照れくさくて、ぎこちない態度になってしまう場合。
私も高校生の頃に苦い経験があります。
元々、クラスが一緒で席も近かったので、毎日のようにお話していました。
学年が変わって、クラス替えがあってからも、廊下で会うと、よく冗談を言ってくれていたのですが、私の方が、相手を好きなことに気づいて、態度が硬くなってしまったのです。
話しかけられても、素っ気ないし、目を逸らして、ぶっきらぼうな態度を取っていましたね。
当然のことながら、相手も段々と、私に話しかけないようになっていきました。
しまいには、廊下であっても、無視されていましたね。
悲しかったけど、当時は、自分の照れくさいという気持ちと決着をつけるのに精一杯でどうしたらいいか全然分かりませんでした。
もう一つは、自分に自信が持てなくて、態度が冷たくなってしまう場合。
これも私には経験があります。
小学生の頃の初恋の子に、自分から話しかけたことがないです。

スポンサーリンク

元々近くに住んでいたので、遊びに行くことだって出来たし、学校ですれ違いざまに、お話することも可能でしたが、遠くから見つめているだけでした。
時々、話しかけられても、当然ながら、冷たい態度で答えていましたね。
自分に全く自信がないと、こういう態度を取ってしまうんです。
でも、好きな相手に好き避けしてしまうあなたには、私と同じ間違いを犯してほしくないと思います。
恋愛で一番大事なのは、自分の好きという気持ちを相手に素直に伝えることです。
よく、たまには、冷たく接することも恋愛テクニックで大事な要素だといろんな本に書いてありますが、あれは、あくまでもたまにはという話です。
自分を重要な人と認識させるために、使うテクニックであって、最初から、冷たい態度を取っていては、何も始まりません。
どんなに照れくさくても、どんなに自分に自信がなくても、すきな人と目が合ったり、話す機会があったら、にっこり微笑んで、お話するように試してみてください。
最初はぎこちなくても全然問題ありません。
自分の経験から、好き避けをすると、後まで、尾を引きますが、それは相手に間違った認識をされてしまった自分の態度を責めるからなんです。
だから、敢えて、笑顔で話すようにしましょう。
それから、自分ひとりでは解決できなかったら、共通の友人に、自分の気持ちを伝えてもらうのも一つの手です。
とにかく、相手に勘違いされて、嫌われてしまっては、切なすぎるので、そこは自分なりに努力していきましょうね。
好き避けする人って気持ちがピュアで、性格もかわいい人だと思いますよ。
だから、自分に自信を持って、笑顔で元気よく接してみましょう。
応援しています!

このサイトでは、この好き避けのタイプや色々な場合を取り上げて、詳しく解説して行きますので、参考になさってくださいね!
あなたが、恋愛で成功されて、幸せになるのを、心より祈っております!

スポンサーリンク